日本では使用量が少ないピルの実態

ネットでピルは購入できる?高脂血症は服用できない?

避妊目的でピルをクリニックで処方してもらうのは、何となく恥ずかしいと感じる女性も多いのではないでしょうか。
最近は子宮内膜症や月経困難症、また大人ニキビの治療にも処方されるようになりましたが、避妊の為だけに医師に相談するのは気が引けてしまいます。
そこで、活用したいのがネット通販です。
医薬品であるピルですが、インターネットで購入する事ができます。
代理店が海外から輸入したピルを、届けてもらう仕組みです。
顔を合わせず購入できるので、クリニックで処方してもらう事が恥ずかしいという方は、ネット通販を利用してみましょう。
ただ、通販は顔が見えない分、信頼できる所を探す事が大切です。
中には偽の薬を販売している、悪質なサイトもあるようです。
口コミなどを参考にして安心して購入できるサイトを探しましょう。
多くの方はピルを服用できますが、高脂血症の持病を持っている方は服用出来ません。
高脂血症とはコレステロール値が高く、血栓が出来やすくなる病気の事を言います。
血栓が出来ると血液の流れ阻害します。
心臓に血栓が出来れば心筋梗塞、脳に出来れば脳梗塞といった重い病気を招いてしまうのです。
なぜ、高脂血症の方は服用できないのかというと、ピルに含まれるホルモン剤が、血栓を出来やすくする作用があるからです。
女性ホルモンの黄体ホルモンは、血栓を作りやすくすると言われています。
ピルには黄体ホルモンと同じ作用をする、ホルモン剤が含まれているので服用すると血栓症を発症しやすくなります。
高脂血症で元々、血栓症になりやすいのにも関わらずピルを服用すると、さらに血栓が出来やすくなるのです。
ピルを服用したい際は、自分が高脂血症になっていないか、1度血液検査を受けてみる事をおすすめします。

薬と女医のイラスト