日本では使用量が少ないピルの実態

ピルと喫煙の関係とは何か?

ピルと喫煙には非常に深い関係があり、クリニックでは必ず問診票に喫煙習慣の有無や喫煙本数について調査する項目が設けられています。
一見するとピルと喫煙に何の関係があるのか分からないということになるでしょうが、これは「ピルによる副作用が出るリスクは無いかどうか」ということを判断するのが目的なのです。
ではピルによる副作用とは何か、それはピルによる血液凝固作用です。
通常であればこの血液凝固作用というのは特にリスクとして考える必要も無い程度のことなのですが、喫煙はそもそも高血圧になりやすい体を作る行為です。
高血圧状態になると血管には強い圧力で血液が流れ込むようになりますから、血管は常にダメージが加えられる状態になります。
この状態が継続されると血管は圧力に耐えるために分厚く細いものへと変化していくわけですが、この「細いもの」という部分がポイントです。
通常の血管では多少血液が固まってしまったり粘度が高くなってしまったとしても、太い血管の中を流れていくことができます。
しかし細い血管になってしまうと本来詰まらずに通り抜けられるような血液の塊が通らなくなってしまい、血管をふさいでしまうことがあるのです。
これが脳で発生した病気が脳梗塞、心臓で発生した病気が心筋梗塞と呼ばれており、どちらも人の命を奪うことがある極めて危険な病気です。
こうしたことがあるため、ピルは喫煙者に対して処方されることが無いのです。
もちろん黙って処方を受けるということは厳禁ですし、ピルを飲んでいる間禁煙するというのも成功する保証がないためおすすめは出来ません。
万が一のことがあるとパートナーが自分を責めることにもつながりかねませんから、喫煙をしている人はあらかじめ禁煙に成功してから処方してもらうようにしてください。

薬と女医のイラスト