日本では使用量が少ないピルの実態

低用量ピルは長い期間飲んでも負担がなく避妊効果

生理習慣のある女性の身体は、異性と性交渉を行えば、少なからず妊娠する確率はあり、子供を持つことを考えていないのであれば、当然ながら避妊をしなければなりません。我が国において、もっともポピュラーな避妊対策といえば、やはり男性が装着するコンドームになるようですが、コンドームも、正しく装着できていればということが大前提なので、射精時のみの間違った装着や、破損というアクシデントによって、望まない妊娠をしてしまって、窮地に追い込まれてしまう女性が後を絶ちません。避妊を男性任せにし、次の生理がきちんと来るかどうか、ひやひやしながら待つといった馬鹿げたことは止めて、大切な自分の身体は自分でしっかりと守りましょう。近年では、我が国においても、低用量ピルが解禁となったことを受けて、副作用の危険性を抑えながら、長い期間でも安全に服用できるようになりました。それまで処方されていた中用量ピルは、ホルモン量も多く含まれているので、吐き気や頭痛など身体の不具合を訴える方も少なくありませんでした。しかしこの低用量ピルは、少量のホルモン剤ながらも、避妊効果は大きい上、生理周期を安定させてくれたり、生理痛や月経前症候群の緩和など、様々な効能が期待できると言われています。女性の日常生活を、快適に過ごさせてくれる素晴らしい医薬品で、上手に利用することで、生活の質は格段に向上させられます。毎日、決まった時間に一錠飲む、これだけで、自分が妊娠するタイミングを自分自身で決められるので、生理が遅れている、といった不安感にさいなまれることもありません。ホルモンバランスを整えてくれるピルは、女性の心と身体を健康に保ってくれます。

薬と女医のイラスト