日本では使用量が少ないピルの実態

妊娠の可能性がある時は中用量ピルで避妊成功させよう

今は男女関係において、性交渉をするということは当たり前のことになります。結婚をすることを前提とした付き合いでなくても愛情を確かめ合う手段として有効ではあるのですが、その一方で妊娠の可能性も出てくるのです。毎日の生活で安心して性生活を送るためにも、しっかりと避妊をしていく必要があるのです。
日本においてメジャーな避妊方法としては、男性がコンドームをつけることですが、これも難しい面があります。感度の問題などから嫌がる人がいたりすると、協力してもらうことができない場合もあったりするのです。そうなると、女性が自分でできる成功率の高い避妊方法を検討してみるといいでしょう。それがピルの服用です。
ピルというのは、低用量と中用量のものがあるのですが、一般的に事前に妊娠をしない体にしていくためのホルモン剤の入った錠剤としては低用量のピルを挙げることができるでしょう。毎日正しく服用することで、ほぼ100%に近い成功率を誇ります。
また、中用量ピルでは事後に服用するものであって、妊娠してしまったかもしれないというときに72時間以内に飲むことで少し強いホルモン剤が作用して、できてしまった受精卵を子宮に着床させないようにすることができたりするのです。
ですから、もしも妊娠をしてしまったかもしれないというときにはすぐに産婦人科などの医療機関を受診して中用量ピルを処方してもらうようにするといいでしょう。時間に限りがあって、早ければ早いほうが効果があるといわれます。望まない妊娠を避けて、避妊に成功するためにも、一刻も早く緊急用のピルを服用することをおすすめします。
また、海外からの個人輸入でも入手できるので、前もって購入してストックがあれば安心です。

薬と女医のイラスト